TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

面接はどこを評価されるのか?

スポンサードリンク


面接は何のためにされるのか?

スキルや能力だけで見るなら、書類だけでもある程度わかりますが、面接をする理由は、能力に加えて、面接をするのは人柄を見るためです。

面接をクリアして、入社ということになれば、一緒に仕事をしていくことになりす。
ですから、面接では、人柄や感じのよさ、仕事へのやる気や受け答えなどを見られることになります。

面接で評価されること

応募条件には、すこし資格やスキル、経験の面では足りなかったけど、面接ですごくうまくいって受かった。

書類だけなら、絶対落ちてたけど、面接を受けると受かる

という人がいます。
そういうことから見ても、面接でわかる人間性や第一印象がどれほど強いかということがわかるでしょう。

もちろん、人柄が良いからといって受かる面接ばかりではありませんが、特に女性の場合、感じのよさや雰囲気、受け答えなどが大切です。


どこを重視されるかは各会社で違いますが、主に面接で評価されるポイントは

・第一印象(見た目や雰囲気、マナー)
・受け答え(話し方や姿勢など)
・応募企業の知識やスキル、やる気など
・能力やスキル
・職場に適応できそうか?

などの点です。


特に、職場に適応できそうかという点は大切です。
これから一緒に働いていくには、その点が一番重要だからです。


スポンサードリンク


こちらも会社をチェックしよう

とはいえ、無理やり会社に合わせる必要はありません。会社もいろいろあり、合う合わないがあるので、自分の合いそうな会社かこちらもチェックする必要があります。

面接に行ったときは、こちらも働いている人や会社の雰囲気などもつかんでおきましょう。

面接ではフィーリングも大切です。
あっちの会社では、ぜんぜんダメだったのにこっちの会社はスムーズに決まったということもありますので、合わなかったときは、あまり気にしすぎず、転職活動をしていきましょう。

ただ、面接の準備はどの会社にいくときもしっかりしていくのが基本です!
調査や質問へのある程度の受け答えなどは準備しておきましょう。