TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

面接に行く前の準備とチェック

スポンサードリンク


面接では、人柄や雰囲気が大切ですが、当日にあせらず、落ち着いて自分らしさを出すためには、準備しておくことがとても大切です。

ではどんな準備をしていけばいいかというと

・身だしなみと持ち物チェック
・面接会場への時間の確認など
・面接の基本マナーと流れを把握
・面接でよく聞かれることの準備
・応募企業の研究

などがあります。


身だしなみ

「人の印象は見た目で判断される」ということは、研究データからすでにわかっています。
「私はあまり外見に自信がないから・・」と思ってしまう人もいるでしょうが、外見というのは顔立ちのことだけではありません。
顔の表情、服装や姿勢、話し方、身振り、雰囲気などをすべて含めたものが外見です。
ですから、別に美人である必要はありません。
女性の場合、清潔感と親しみやすさが一番のポイントです。

たとえば、厚化粧ではなく、ナチュラルめの清潔感のあるメイク、髪型、清潔感のある服装、爪や手、かばんなどの持ち物は面接前に良い印象を与えられるように考えておく必要があります。

美しい姿勢も女性をキレイに見せるので、気をつけるべきポイントです。
女性は、男性に比べて、ラッキーなことに装いやメイクなどでけっこう変わることができます。良い印象を与えられるような身だしなみ、魅力のある見せ方を工夫しましょう。


スポンサードリンク


基本マナーと面接の流れを把握しよう

新卒の時の就職活動と違い、転職の面接はある程度マナーを知っている社会人として見られるのが普通です。

ですから、はじめての転職で基本マナーがちょっとあやしい・・といったの場合、基本マナーをもう一度確認しておきましょう。


・身だしなみと持ち物チェック
清潔感のある好印象な身だしなみで、会場に行く。持ち物も前日に準備しておく

・面接場所へ
前日までに場所のチェックや交通にかかる時間をチェックしておき、遅刻しないように到着する。
5分〜10分前に到着するのが良いでしょう。

・面接場所に着いたら
受付や応対した人に、面接を受けに来た旨を告げる

・面接へ
会場に入ったら、まずは挨拶。
面接官にどうぞ。と言われてから、着席する。
いすには浅めに座り、良い姿勢で話せる態勢を作る。
面接中は、姿勢と自然な笑顔、しっかりとした視線で、コミュニケーションをとりましょう。
面接は、みんな緊張するもの。ある程度の緊張は当然しても良いと考えて、自分の考えや思っていることを自然に伝えられるようにすれば良いです。

あがってしまってあまりうまく話せないという人は、事前の準備をしたり、模擬面接などの練習をしてみると良いでしょう。

面接では、感じの良さも大切です。あまり気にせず、リラックスして面接にのぞみましょう。