TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

面接で話すことの準備

スポンサードリンク


面接に行く前に、身だしなみなどのほかに、話す内容も確認しておく必要があります。

面接前に確認しておきたいことは、

・受ける会社や業界、仕事内容についての調査と理解
・やりたい仕事の内容
・志望動機などよく聞かれる質問への準備

などです。
これらのことを準備して、事前に練習しておけば、面接でも答えやすくなります。

受ける会社・業界・仕事内容についての調査と理解

会社を受ける前に、その会社についてある程度の知識を持っておくのは当然です。
できれば、その会社が業界でどんな位置にいるか、など広い視点での業界知識も得ておきたいところ。会社の理念や経営者の考え方など、入りたい会社は力をいれて調査してください。
そうしておけば、会社への熱意も伝わりますし、志望動機も説得力のあるものがつくれます。

やりたい仕事の内容

希望する仕事の内容についてしっかり理解しておくことも大切です。
自分がその仕事でどんな貢献をできるか、その仕事でどんな目標があるかなど、しっかりまとめて伝えられるようにしてください。


スポンサードリンク


よく聞かれる質問への準備

面接で必ず聞かれる質問などについては、ある程度答えをまとめておいたほうが答えやすいでしょう。

よく聞かれる質問を下記に挙げておきます。

・志望動機・応募理由・なぜうちの会社に入りたいのですか?
・この職種を選んだ理由は?この仕事に応募された理由は?
・前の会社を退職された理由は?転職の理由は何ですか?
・空白期間があるようですが?
・あなたの長所は?短所は?自己PRしてください。/特技はなんですか?
・入社されたら、何がしたいですか?
・未経験の仕事ですが、大丈夫ですか?
・結婚・出産後も働けますか?
・質問はありますか?

など。他にもいろいろありますので、市販の面接に関する本も見てみると良いでしょう。
ポイントは、熱意や意欲を上手にアピールすること、強みや自己PRを自然に客観的にすること。
また転職回数や未経験、ブランクなどの弱みがある場合は、弱みをどうカバーするか考えておくことです。

また、面接は、人間性を見るという部分も大きいので、あまり答えにとらわれすぎず、笑顔や感じの良さ、この人ならうまくやっていけそうだな。と思ってもらえることも大切です。