TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

退職の理由はどう書く?

スポンサードリンク

履歴書に記載したり、面接で聞かれたとき、意外に重要なのが退職の理由について。

残業が多くて・・人間関係がうまくいかず・・、また前の会社を批判する

転職する際に、上記のように、退職理由にネガティブな理由を挙げるのはNGとされています。

ネガティブな理由を転職の理由として挙げてしまうと、採用担当者に不安を与えるためです。

うちの会社に来ても、面白くないことがあったらすぐに辞めてしまうのではないか?

責任感がないタイプか?待遇に不満があったら、うちでも同じことになるのでは?

などの憶測をよんでしまうのです。

ですから、退職や転職の理由についてはすこし注意が必要です。


退職理由はどんなものがいいか?

では、退職の理由はどんなものを書けば良いのでしょうか?

前向きな退職理由の例として

・スキルアップのため 
・培ったスキルを生かして違う仕事(関連の仕事)をしたい

などの前向きな退職の理由

また、会社側の事情

・倒産
・部門の縮小
・会社の移転

など本人の意思とは別の会社側の都合というのも減点にはされないでしょう。

採用側は他社でやっていけない人は自分のところでもなるべくとりたくないと考えます。

退職理由を前向きに説明できて、これからの仕事はこんな風にやっていきたいと意欲をあらわすことができれば採用側の不安もなくなり、印象もよくなるでしょう。


スポンサードリンク

応募書類に書く退職の理由

履歴書など応募書類に退職の理由については、書いたほうが良いといわれています。

退職の理由がわからないと、どんな理由で辞めたのだろう?と企業側が採用に対して、不安を感じるからです。

きちんとした説得力のある理由があると、採用側も選考するときに判断しやすいのです。


退職理由と同じく、採用側に不安を感じさせるものについては、一言説明を加えておくのが良いです。その場合は、退職理由と同じように、前向きに書ける理由を探して、説明するのがポイントです。