TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

履歴書が大切な理由

スポンサードリンク


履歴書は応募の第一段階です。

わかってはいても、いざ履歴書を書こうとすると、やっつけ仕事のように書いてしまったり、アピールするポイントがあいまいになってしまい、空欄を埋めてしまうという人もいるでしょう。

書類選考に落ちてしまう・・と悩んでいる人はまずは書類を見直してみましょう。

選ばれる履歴書を書こう

当たり前のことですが、履歴書は「選ばれるため」に書きます。

企業にとって、履歴書というのはその人について一番はじめに知るときの資料で、採用するかどうか判断するために書いてもらうものです。

ですから、企業側にアピールできるもの、採用してもらうための資料として書くべきものと理解しておく必要があります。

ですから、履歴書はただ空欄を埋めるものではなく、企業側が求めている能力があるかどうか?などその企業の採用基準になっているようなスキルやアピールポイントを書いたほうが良いのです。

履歴書を書く前には、企業がどんな人材を求めているかどうかもう一度見直してみましょう。

そして、自分のアピールできる材料の中で、どの部分を強調してアピールするのが良いか考えてみるのがポイントです。

履歴書やその他の書類は自分をアピールする広告のようなものです。

同じ内容でも、どういう書き方をするかでアピール度はぐっと変わります。

履歴書は第一印象を決めるので、とても重要です。

履歴書の書き方、フォーマットはWEB上や書籍などで役に立つものがいろいろありますので、参考にして書いてみましょう。


結論:履歴書は、企業がその人を採用するかどうか決める資料になるから大切


スポンサードリンク


企業が人を取るのにかかるコストを知っておこう

履歴書などの書類に手を抜いてはいけない理由は企業側のコストにもあります。

企業が人を取るにはコストがかかります。

求人広告など人を取るコスト、給料を支払うコストなど企業は人にコストをかけます。

それだけのお金をかけて採用するので、応募者がいい加減では、会社も採用する気にはなれませんね。
応募企業側もきちんとした良い人をとりたいと考えているので、履歴書1枚にも手を抜いてはいけないのです。