TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

志望動機はどう書くか?

スポンサードリンク


何を書けばよいのかわからないと迷ってしまうこともある志望動機。
ついつい、一般的なことを書いてしまうことも多いですね。

ですが、志望動機は、採用側が見る重要なチェックポイントです。
ここでうまく志望理由と自己アピールができれば、採用にぐんと近づけることになります。

志望動機を書くときは

・自分の経歴と新しい仕事の共通点を探す
・やりたい仕事への熱意を将来の目標なども混ぜ、具体的に表す
・経営理念など会社へ魅力を感じた点と自分との共通点をアピール
・自分の売りを混ぜながら、志望動機を書く

といった書き方があります。

どういった書き方をするかは、自分の経歴などにもよりますが、自分の経験や考えていること、将来やりたいことなどを踏まえて、具体的に志望動機を書くと、説得力がある志望動機がかけるでしょう。

志望動機は、ついついほかの人と同じになったり、マニュアルのようになってしまいがちです。ですが、採用担当者は、何人もの志望動機を見るので、同じ表現にあたると「またか・・」とうんざりしてしまうことも多いです。

他の人と比べて違いをアピールできる点はないか考えて、あなたらしい志望動機を書いてみましょう。

また、どうしても入りたい会社があるときは、経営理念などについて書くのも良いです。
入りたい会社や業界のことをしっかり調べて、共感したこと、自分がその業界でどんなことができるかをアピールするのもよいでしょう。


スポンサードリンク


ポイントは具体的に書くこと

志望動機を書くときに気をつけたいことは、他社にも同じ志望動機を書いて送ってるのでは?と思われるほど、一般的なマニュアル的な書き方をしている志望動機にならないこと。
志望動機は、一番重要なその会社を志望する理由なので、具体的に説得力のある志望動機を書きたいもの。
自分がその会社・その業界でどんなことができるのか?未経験の場合は、関連する能力や業務のアピール、意欲を客観的に表すなど、具体的に織り交ぜながら、志望動機を書くと良いでしょう。