TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

情報収集の目的

スポンサードリンク


情報収集の目的

情報収集の目的は、行きたい業界や職種を絞りこむことです。

転職活動での情報収集とは何かというと、主に求人情報を見たり、業界や会社の研究のことを指します。

もちろん、転職したい会社は、自分の行きたい業界や仕事、強みや経験から選べばよいのですが、それと同時に企業側のニーズも知っておかなければいけません。

経験などから、キャリアの方向性をある程度決めたら、その業界や企業の情報を集めましょう。

また、求人情報を探すことでどのくらいの求人が出ているのか、どういう応募基準があるかなどを知ることができます。


スポンサードリンク


転職豆知識〜転職の業種パターン

転職と一口にいっても、いろいろなケースがあります。

業種でいえば、

同じ業界で転職するパターンと違う業界に転職するパターンがあります。

同じ業界で転職する場合は、経験もあり、仕事にもある程度慣れているのですぐに仕事になじめるメリットがあります。

では、未経験で違う業界に転職するのは不利か?というと必ずしもそんなことはありません。

違う業界に転職する場合でも、共通する部分をアピールしたり、資格やスキル、経験、また人柄をプラスすることで未経験の業界の転職に成功する人がたくさんいます。

最近は、企業側も人不足の影響もあり、既卒の人や第二新卒なども注目を集めています。

違う業界からでも、多少のブランク期間があっても、アピール次第では十分に転職のチャンスがあるのです。

ただ、空白期間がある場合や既卒で未就職の場合などは、履歴書などできちんと説明するなどカバーしておきたり、面接で意欲を見せる必要があります。

また資格はあまり評価されないとの声もありますが、未経験業種への意欲を見せたり、難易度の高い資格の場合は、経験がなくても評価されるので、取得はおすすめです。