TOP | 人材紹介会社ランキング | 介護・医療系転職支援 | 派遣会社ランキング | | 当サイトについて |

求人広告はこう読む

スポンサードリンク



転職情報誌などに載っている求人広告。
求人広告にはポイントとなる用語がたくさん入っています。
どのように読めばいいかポイントや用語を解説していきます。
順番などは広告によって違いがありますが、大体以下のような情報が載っています。


1.雇用形態

まずチェックすべきことはココ。
正社員か、契約社員か、派遣社員、アルバイト、パート。
雇用形態はいろいろですが、転職の場合は基本的に正社員の求人をチェックすることになるでしょう。


2.募集職種

募集している職種は、目立つところに書かれているはずです。
たとえば「コンサルティング営業」や「●●アドバイザー」「販売」「○○プランナー」など。
最近は、ただ営業だけでなく、横文字の名前がついていることが多いです。
気をつけたいのは、同じ名前の同じような職種でも仕事の内容は各会社によってけっこう違いがあること。
同業種転職の場合でも、そういうケースがあるので、きちんと確認しておきましょう。

3.応募資格・募集要項

応募資格や募集要項に関しては、きちんと読んでおく必要があります。
今回の募集に関しての説明がされているからです。

この欄には、応募して欲しい人材や応募資格について書かれています。
たとえば、学歴○○以上。または学歴不問。など学歴について
○○の経験がある方、こういう視点で物事を捉えられる方。または未経験者歓迎など。

その会社がどんな人材を求めているか書かれています。
求める人材を詳しく書いている場合、応募する場合のアピールを考えるときのヒントになるのでよく見ておきましょう。

また○○資格を持っている方など応募資格が書かれている場合もありますが、資格は、あくまでも目安という場合もあるので、資格はなくても、挑戦してみても良い場合もあります。

年齢についてもすこしオーバーしていても大丈夫なケースが多いので、あまり厳密に考えず応募してみるのも良いでしょう。

4.勤務地や交通

勤務地や最寄駅など、交通についての記載があります。

スポンサードリンク


5.給与・待遇

給与や昇給、賞与や各種手当てについて、また社会保険や休日休暇についてなどの記載があります。
給与は、固定給、年俸制などその形態が書いてある場合も。また「社保完備」は、厚生年金、健康保険、労災、雇用保険がきちんと整備されていることを指します。

6.応募の方法

その会社への応募方法が書いてあります。
応募用のURLや郵送、電話など、会社によって応募の方法は異なります。


7.会社の住所・電話番号・URL

社名・会社の本社住所・電話番号やURLなどが記載されています。


8.PRコメント

求人情報が載っている媒体にもよりますが、求人情報のスペースが多い場合、PRコメントが載っていることもあります。
特に、雑誌などの見開きに求人広告を打っている会社などは特にセンスの良いイメージ広告やPR文などを載せています。

PRコメントにはどんな人材に応募して欲しいか、などが書いてありますので、応募の参考になります。

ただ、イメージの良いPR広告だからといって、イメージどおりとは限りません。
広告イメージで決めるというわけではなく、仕事内容や会社の雰囲気などをしっかり確認しておきましょう。